山歩きの記録

車でアプローチ&テント泊スタイル

【日本百名山】丹沢山地南北縦断(前篇)【焼山・黍殻山・姫路・蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳】

f:id:zel_8bit:20180719061216j:plain

 

焼山登山口バス停~焼山~姫次~蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳~大倉バス停

 

12月冬の丹沢山地南北縦断登山

登山隊2名

 

 

丹沢山地(たんざわ さんち)は、神奈川県北西部に広がる山地。東西約40キロメートル、南北約20キロメートルに及び、神奈川県の面積の約6分の1を占める。 

最高峰の蛭ヶ岳でも標高1,673mと標高では中級山岳程度であるが、尾根と谷沢が成す地形は複雑である。

登山口からの標高差が大きい山が多く(最も一般的な大倉尾根は標高差1200m)、地形が複雑なことと、東京都心部から行きやすく登山者が人気があることから、遭難事故も度々起きている。 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

アプローチ

今回はアプローチ地点と下山地点が違う為、交通機関を使用して登山口へ向かう
始電で向かった JR橋本駅から始発バスで三々木へ、バスを乗り継ぎやっとの事で焼山登山口バス停に到着

f:id:zel_8bit:20180719061126j:plain

 

今回の山行行程

今回はかなりハードなコースだ。

丹沢山地を北から入山し、南に抜ける。

12月は神奈川とは言え山は雪が積もっている。その中を6山縦走して百名山として丹沢山地最高峰蛭ヶ岳も経由し、24kmの山歩きをして南に抜ける。

通常は 途中で一泊するのが妥当だが、丹沢山地は全域テント泊禁止の為山小屋泊が好きではない筆者は1日で走破する事を決意。

かなり過酷な行程となるのでパートナーも山岳仲間で一番の健脚である者を選んだ。

彼なら今回の行程も着いてこれるだろう。

f:id:zel_8bit:20180719061111j:plain

今回はコースタイムが10:40のロングコース、通常は山小屋一泊のこのコースを1日で走破する
入山時刻は7:20

日の短い冬と言う事もあり本当はもっと早く昇り始めたかったが、電車やバスを乗り継いでのアプローチなので最短でこの時刻になってしまった

f:id:zel_8bit:20180719061116j:plain

 

 

入山~焼山

f:id:zel_8bit:20180719061129j:plain

焼山登山口バス停でトイレを済ませ飲み水を補給

7:30に入山する

f:id:zel_8bit:20180719061135j:plain

前日は雨でしたが今日は素晴らしい晴天だ
晴れ男の本領発揮ということでしょうか(笑)
そうそう、今回は2人編成での山歩きだ
相方は登山仲間でも屈指の健脚である者だ
毎年富士山に登り柔道家でもあるスポーツマンの彼なら今回の丹沢山地南北縦断コースでも十分にこなせると判断した

f:id:zel_8bit:20180719061138j:plain

標高300mの登山口からまずは標高1052mの焼山山頂を目指す
750mの標高差を3.3km2時間のコースタイムで歩く
体がまだ温まってない為か最初から結構疲れ、先が思いやられる

f:id:zel_8bit:20180719061141j:plain

1時間も歩かないうちに一面銀世界に!
昨日の雨は山では雪になって完全に積もった模様
幻想的な風景を楽しみながら歩いていく
要らないと思ってアイゼン持ってこなかったけど大丈夫だろうか

f:id:zel_8bit:20180719061145j:plain

AM9:15

焼山山頂到着
まずは今日1座目
コースタイムより15分早いペースだ

f:id:zel_8bit:20180719061148j:plain

標高は1052mとさほど高くはないが、なかなかの展望である

山深い丹沢山地の中心部を見渡せて絶景である

 

 

焼山~黍殻山~姫次

f:id:zel_8bit:20180719061152j:plain

休んではいられないので早速出発

次は黍殻山(1273m)を経由して4.7km先の姫次(1433m)まで一気に登る

標準区間タイム1:45のコースだ

f:id:zel_8bit:20180719061156j:plain

ここまで来ると完全に雪が積もっている

歩くたびにキュッと雪を踏みしめる音が心地よい

山はシンとしていて我々の足音と息遣い以外は静寂そのものである

f:id:zel_8bit:20180719061209j:plain

凍りついた小枝に太陽の光が反射しキラキラと幻想的である

他の登山者にも会わず、まるで丹沢山地に我々しかいない様な錯覚を覚える

黍殻山山頂はサクッと通過

楽しい山歩きだ

f:id:zel_8bit:20180719061212j:plain

この区間は急勾配なアップダウンがなく非常に歩きやすい

ただし積雪は深くなって来たのでその点は少し疲れる

f:id:zel_8bit:20180719061216j:plain

そうこうしている内に姫次山頂に到着である

ここからは富士山がよく見える

f:id:zel_8bit:20180719061223j:plain

日本晴れの雪景色に富士が映える絶景にうっとりとする
ここで5分小休止して写真撮ったり行動食食べたりする

 

 

姫次~蛭ヶ岳

f:id:zel_8bit:20180719061227j:plain

しかしまだまだ先は長い
あまりゆっくりもしてられない
次は3.2km先の丹沢主峰蛭ヶ岳(1673m)だ

f:id:zel_8bit:20180719061233j:plain

雪道をザクザクと降っていく
かなり降りて行くのでまた登り返すのかと先が思いやられる

f:id:zel_8bit:20180719061236j:plain

1300m付近まで降ってそこから一気に1700m弱まで登り返す
ここまで既に11kmちょいを歩いて来てるので少し疲れも出てきてる

f:id:zel_8bit:20180719061230j:plain

鹿に遭遇
丹沢での鹿遭遇率現在100%だ
可愛いけど餌をやってはいけない
生態系が壊れてしまう

f:id:zel_8bit:20180719061247j:plain

蛭ヶ岳まで残り400m

しかし登り返しの階段地獄がキツイ

隊員はゼェゼェ息を荒げながらもペースは落とさず着いてくるのは流石と言ったところ

歳も5個も若いし体力だけだったら筆者より上だろう

山歴が筆者の方が長いので歩き方を知っている分筆者の方が僅かに歩けているのだと思う

f:id:zel_8bit:20180719061252j:plain

歩いてる間時折姿を現わす富士が元気をくれる

色々な山に登ったが、どの山からも富士山は眺められる事が多い

その威風堂々とした姿を見ると日本に生まれて良かったと思う

f:id:zel_8bit:20180719061258j:plain

疲労もだいぶ溜まって来て辛い登りが続いた後、やっと蛭ヶ岳山荘が見えて来た

丹沢山地の最高峰、日本百名山のひとつ、蛭ヶ岳はすぐそこだ!

今回は「丹沢山地南北縦断、日帰り敢行登山(前篇)」レポの紹介でした

後編へ続きます

 

 

www.zel-outdoor.com

 

 

 

スポンサーリンク